ブログ

お散歩時の胴輪と首輪

おはようございます!

本日は胴輪と首輪のことについて書きたいと思います!

 

皆さんはお散歩に行くとき、胴輪と首輪どちらをつけますか?

種類としては首輪のほうがかわいいものが多い気がします。

また、中型~大型犬用の胴輪は少ないです。

 

胴輪と首輪、どちらが良いかはわんちゃんや飼い主様によって様々だと思います。

例えば・・・

・首まわりにつけるのを嫌がるわんちゃん→胴輪

・手足触られるの苦手→首輪

・どちらも大丈夫な子→飼い主様の付けやすいほうやデザイン

などなど。

 

しかし、お散歩の時にリードを引っ張る子は胴輪にしてあげた方が良いと思います。

首輪だと首だけに負担がかかってしまいますが、胴輪なら分散されます。

気づかないうちに首を痛めている、なんてこともあるのでご注意ください。

 

そして、一番気を付けたいのが首輪や胴輪がすっぽ抜けてしまうことです。

首輪も胴輪もゆるいと抜けてしまうことがあります。

だいたい指が2~3本入るくらいまでしめ、毎回確認してからお散歩に行くと良いと思います。

大丈夫だと思っていても不測の事態がないとは言い切れません。

 

また、古い首輪や胴輪はバックルが劣化していると、お散歩時に壊れて取れてしまうこともあるので十分ご注意ください。

 

ちゃんと締めているのに抜けてしまうわんちゃんは首輪と胴輪両方つけ、首輪と胴輪を繋げて取れないようにするのも良いかと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

ドッグケアサロンさくら

静岡県浜松市中区佐鳴台2-32-22

TEL 053-482-9948

LINE ID @tfm6291f

e-mail  dogsalonsakura@cy.tnc.ne.jp

定休日 水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です