ブログ

不測の事態の対処法

こんにちは!

本日は、ドッグランやドッグカフェ、お散歩中などに不測の事態が起こった場合の対処法について書きたいと思います。

 

ドッグランやドッグカフェには様々なわんちゃんがご来店しますよね。

中にはわんちゃんや人が苦手な子も来ているかもしれません。

そういったわんちゃんには無理に挨拶させようとはしないでください。

飼い主様も、「ほらっ、お友達だよ!」と無理に引きずって挨拶させてしまうと愛犬との信頼関係が崩れてしまう場合があります。

 

苦手なわんちゃんが近づいて来そうな場合は、「すみません、この子わんちゃんが苦手なんです」とはっきり伝えましょう。

そうすることでわんちゃんは守ってもらえた!と安心し、信頼関係にも繋がります。

ドッグランやドッグカフェに来るわんちゃん全員がわんちゃん、人好きなわけではありませんのでご注意ください!

 

また、ドッグランでは大型犬、小型犬が同じところは注意が必要です。

大型犬は狩り目的で生まれたわんちゃんも多いので、走り回る小型犬を見ると追いかけまわしたりちょっかいをかけてしまうことも考えられます。

あまり神経質になるのも良くありませんが、愛犬がどこにいるか常に把握はしておいたほうがいいと思います。

 

そして、もしお散歩中にノーリードのわんちゃんが愛犬めがけて走ってきたらどうしますか?

近くに隠れられる場所があればすぐに身を隠しましょう。

なければ愛犬をできたら背中(わんちゃんから見えないように)側に抱っこしたり、抱っこができないようであれば自分の体を盾にしてわんちゃんを後ろに隠してあげてください。

それで止まってくれればいいですが、噛みつかれれば大型犬だった場合女性の力では引き離すのはまず無理です。

噛みついたまま離さないわんちゃんもいます。

そういった場合、パニックになるとは思いますが、わんちゃんを助けられるのは飼い主様しかいません。

リードを噛みついているわんちゃんの首に巻いて締めると噛みついているわんちゃんは苦しくなって離す場合があります。

(巻いたリードを横に引っ張るのではなく、上(または斜め上)に引っ張ってください)

また、リードをつけれれば再度噛まれそうになった場合でも対処ができます。

 

ただし、常に神経質にならないようにしてください!

 

常に気にしてお散歩へ行ったり、襲われるのが怖くて大好きなドッグランへ行かなくなったり、周りを気にしながらドッグカフェでご飯を食べても、人もわんちゃんも全く楽しくありません!

これはあくまでも不測の事態です。

対処法を知っていれば回避できることもあります。

頭の隅っこで覚えているくらいでちょうどいいです。

 

本日は少し怖いお話でしたが最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です